東京平和映画祭プレ・イベント(チケットプレゼントつき)

  3月25日、代々木オリンピック青少年センターで行われた第2回東京平和映画祭のプレ・イベントに行きました。(映画祭そのものは、4月16日土曜日に同じ場所で行われます。オフィシャルサイトはこちら→でもプロデューサーのきくちゆみさんのブログの方が、詳しく情報が出ています。なお前売り券購入か当日券も事前予約が必要ですので注意してください。)
 イベントでは、当日上映予定の映画のすべて(6本)が、冒頭10分ぐらいずつ上映されたのですが、これが私には、今までしたことのない、興味深い経験でした。
「この続きはどうなるのー? 見せろー!」すごいフラストレーションの固まり。

 そしてそれは自分にとって、「いい映画とは何か?」という問いかけに対する、答えの確認でもありました。「いい映画とは、続きが見たくなる映画だ!」
 この映画祭で上映される映画はふだん大メディアでは見ることができないし、多くの人に知って欲しい貴重な内容がてんこもりなのですが、しかし、「平和」とか「環境」とかいう言葉って、アレルゲンであるのも事実ですよね。
 しかし、この体験によって、この映画祭のよさを伝えるなら、こんなふうにシンプルに伝えることができると思いました。

 「すっごいおもしろい映画祭があるんだけどさー。行ってみたら?」

 もっともこんな心配は私の杞憂にすぎないかもしれなくて、というのは、第1回の映画祭は、1000人近い会場が満員になる大盛況だったそうだからです。9時間近くの映画祭を堪能した観客達からの苦情のナンバー1は「お尻が痛かった」ということだったとか。

 ところが、今回初めてこの映画祭のことを知った私がプレイベントに行きましたら、300人入る会場に、プレスはなんと私ひとりだけ。思わず「大丈夫かいな?」と思ってしまったのでした。 もっともこれは、設定日時が悪かった、ということが大きな失敗の要因かと思われます。なにしろこのイベントが行われたのは3月25日の夜。サッカーのイラン戦の裏番組になってしまったからです。
 そんなわけで、私はこの映画祭の成功にはとくに疑問を抱いていないのですが、実行委員会のスタッフには「告知イベントのの日付はよく考えましょう」と注文をつけたいですね(笑)

 なお、私からのささやかなサポートとして、当日のチケットを1組2名の方にプレゼントします。
 タイトルを「平和祭チケット希望」と書いて、4月9日までにisl@aries.livedoor.comまでお申し込みください。当選者にのみ後ほど住所をお伺いしますので、最低限お名前を書いてくださればオーケーです。


 
[PR]
by ropponguimovie | 2005-03-27 13:09 | イベント・記者会見など
<< 2005年3月に見た映画 『ローレライ』 >>