『嫌われ松子の一生』★◆(ちょっとネタばれ)

林真須美と東電OLと騒音おばさんと、ウィークエンダーで取上げられそうな
「元ソープ嬢殺害」を足したような女を中谷美紀が大熱演。
原作はキリスト教の影響を受けているのかな。
タイトルは『無法松の一生』中身は『女の一生 キクの場合』(遠藤周作)
をほうふつとさせる。
マザー・テレサの言葉も思い出された。
「愛の反対は憎しみではない、無関心である」
だから、あんなに嫌われ、いじめられた松子は、彼女をいじめた人たちから
殺されたわけではなかった。
彼女に憎しみさえ抱かなかった人によって殺されたのだ。

2006年5月13日公開

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by ropponguimovie | 2006-03-10 12:02
<< 『ナイロビの蜂』★◆ 2006年2月4~5週に見た映画 >>