今週、いちばん癒せる映画! vol.36 『エディット・ピアフ 愛の賛歌』(9/28公開)



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■

今週、いちばん癒せる映画! vol.36 『エディット・ピアフ 愛の賛歌』(9/28公開)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■


 メルマガご購読、ありがとうございます。
 このメルマガは、今週公開される映画の中から,
「この映画は癒される!」という視点に絞って1本を紹介するマガジンです。


今週は、9月28日公開の『エディット・ピアフ 愛の賛歌』を紹介します。


「愛の賛歌」って、一度は聞いたことありますよね。
「君が愛してくれるなら、空よ落ちろ、地球がひっくり返ってもいい」っていうやつ。
 結婚式で、よく歌われますね。


 私、あれ、嫌いでした(笑)
 嫌いだったから、見に行きました。(爆)


 嫌いだったから、「どうしてこんなの作っちゃったの?」っていう気持ちが消えなかったんですね。


 そーかー。あれは、長年の不倫関係だったうえ、最後は飛行機事故で死んでしまった相手に
ささげる歌だったんですね。


 エディット・ピアフこと、エディット・ジョアンナ・ガションは、1915年、フランス生まれ。
旅芸人の父親と、ストリート・シンガーの母親との間に生まれ、父親、母親、
父方の祖母(娼館を経営)のあいだを転々として育てられます。やがて独立、
彼女の才能を評価した興行師から「ピアフ(すずめ)」の名前をもらいます。
たちまちスターダムにのぼりつめるも、
周囲で殺人が起こったり、結婚したり、離婚したり、不倫したり
 不倫の相手に死なれて精神的に不安定になったり、
 病に倒れ、48歳で死ぬまで、あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、の人生。


 そんな彼女の人生のどこが「癒せる」か、というと、
彼女が人生の最後に歌う『水に流して』という曲なんです。
 私はこの曲を、この映画を見るまで知りませんでした。
 病気に倒れ、再びステージに戻れるかどうかわからないときに、
彼女のところに直接営業があり、彼女が気に入った歌だそうです。


 いいえ、ぜんぜん
 いいえ、私は何も後悔していない
 私が人にしたよいことも
 悪いことも
 何もかも、私にとってはどうでもいい
 いいえ、ぜんぜん
 いいえ、私は何も後悔してない
 私は代償を払った、清算した、忘れた
 過去なんてどうでもいい


 そうか、ここまでやっても(笑)、人間って、その境地に達せられるんだ。
 そんな気持ちにさせられる。
 ここには、不器用ながら戦うように人生を生きてきた人の、
 自分の人生に対する受け入れがありますね。


 この歌、日本じゃあまり有名じゃないですね。
 全然愛を賛美してない『愛の賛歌』や、人生の不安を擬音で見事にあらわした『パダン』や、
ワインに酔ってるような気がして頭がくらくらしてくる『ばら色の人生』は有名なのに。
 やっぱり、人間って、心を不安定にするものの方が好きなのかしら?


『水に流して』をもっと早く知っていたら、エディットが好きになってたのになー。


 ところで。
 フランス人は、世界で一番エレガンスを愛する国民だといわれていますが
(そもそも「エレガンス」ってフランス語です)エディット、って、全然エレガントじゃないんですよね。
丸まった背中、ぎょろりと大きな目、不安定な表情(おどおどした臆病さと傲慢さが交互に入れ替わる)
は、どっちかというと「エキセントリック」という感じで優美じゃない。
 
 ココ・シャネルって、「エレガンス」という言葉に世界一こだわったデザイナーだけど、本人が
「エレガントか?」っていわれるとそうじゃない気がしちゃうし、
 あと、マルグリット・デュラスとかも全然エレガントじゃないよねー。

 ぜんぶがぜんぶ、直接は付き合いたくない方々ばっかり(笑)
 でも、フランス人はそういう女性たちに対する尊敬を惜しまないですよね。
 

 あの心裡は、いったいどういうものなんだろう? 私には今でも不思議です。


*******************************
「今週 いちばん癒せる映画」!」 vol.36   発行74部
出典を明らかにしていただければ、無断転載は可能です。
2007.9.8 発行
発行人・石塚とも
お友達にも教えるには…
http://www.melma.com/backnumber_164500/
お便りフォーム
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381
バックナンバー・ブログ
http://rmovie.exblog.jp/
平和の書店でお買い物
http://ministryofpeace.jp/bookstore/bookstore-menue.html
石塚とも個人のブログ
http://isl.seesaa.net

1票、お待ちしてます♪
にほんブログ村 映画ブログへ

メルマガも登録してね→  こちら


お名前なしで感想が送れるウェブ拍手
b0055288_14492653.gif 
[PR]
by ropponguimovie | 2007-09-08 08:55 |
<< やせっぽちの女、イーディ・セジ... 今週、いちばん癒せる映画! v... >>