カテゴリ:え( 2 )

今週、いちばん癒せる映画! vol.36 『エディット・ピアフ 愛の賛歌』(9/28公開)



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■

今週、いちばん癒せる映画! vol.36 『エディット・ピアフ 愛の賛歌』(9/28公開)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■


 メルマガご購読、ありがとうございます。
 このメルマガは、今週公開される映画の中から,
「この映画は癒される!」という視点に絞って1本を紹介するマガジンです。


今週は、9月28日公開の『エディット・ピアフ 愛の賛歌』を紹介します。


「愛の賛歌」って、一度は聞いたことありますよね。
「君が愛してくれるなら、空よ落ちろ、地球がひっくり返ってもいい」っていうやつ。
 結婚式で、よく歌われますね。


 私、あれ、嫌いでした(笑)
 嫌いだったから、見に行きました。(爆)


 嫌いだったから、「どうしてこんなの作っちゃったの?」っていう気持ちが消えなかったんですね。


 そーかー。あれは、長年の不倫関係だったうえ、最後は飛行機事故で死んでしまった相手に
ささげる歌だったんですね。


 エディット・ピアフこと、エディット・ジョアンナ・ガションは、1915年、フランス生まれ。
旅芸人の父親と、ストリート・シンガーの母親との間に生まれ、父親、母親、
父方の祖母(娼館を経営)のあいだを転々として育てられます。やがて独立、
彼女の才能を評価した興行師から「ピアフ(すずめ)」の名前をもらいます。
たちまちスターダムにのぼりつめるも、
周囲で殺人が起こったり、結婚したり、離婚したり、不倫したり
 不倫の相手に死なれて精神的に不安定になったり、
 病に倒れ、48歳で死ぬまで、あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、の人生。


 そんな彼女の人生のどこが「癒せる」か、というと、
彼女が人生の最後に歌う『水に流して』という曲なんです。
 私はこの曲を、この映画を見るまで知りませんでした。
 病気に倒れ、再びステージに戻れるかどうかわからないときに、
彼女のところに直接営業があり、彼女が気に入った歌だそうです。


 いいえ、ぜんぜん
 いいえ、私は何も後悔していない
 私が人にしたよいことも
 悪いことも
 何もかも、私にとってはどうでもいい
 いいえ、ぜんぜん
 いいえ、私は何も後悔してない
 私は代償を払った、清算した、忘れた
 過去なんてどうでもいい


 そうか、ここまでやっても(笑)、人間って、その境地に達せられるんだ。
 そんな気持ちにさせられる。
 ここには、不器用ながら戦うように人生を生きてきた人の、
 自分の人生に対する受け入れがありますね。


 この歌、日本じゃあまり有名じゃないですね。
 全然愛を賛美してない『愛の賛歌』や、人生の不安を擬音で見事にあらわした『パダン』や、
ワインに酔ってるような気がして頭がくらくらしてくる『ばら色の人生』は有名なのに。
 やっぱり、人間って、心を不安定にするものの方が好きなのかしら?


『水に流して』をもっと早く知っていたら、エディットが好きになってたのになー。


 ところで。
 フランス人は、世界で一番エレガンスを愛する国民だといわれていますが
(そもそも「エレガンス」ってフランス語です)エディット、って、全然エレガントじゃないんですよね。
丸まった背中、ぎょろりと大きな目、不安定な表情(おどおどした臆病さと傲慢さが交互に入れ替わる)
は、どっちかというと「エキセントリック」という感じで優美じゃない。
 
 ココ・シャネルって、「エレガンス」という言葉に世界一こだわったデザイナーだけど、本人が
「エレガントか?」っていわれるとそうじゃない気がしちゃうし、
 あと、マルグリット・デュラスとかも全然エレガントじゃないよねー。

 ぜんぶがぜんぶ、直接は付き合いたくない方々ばっかり(笑)
 でも、フランス人はそういう女性たちに対する尊敬を惜しまないですよね。
 

 あの心裡は、いったいどういうものなんだろう? 私には今でも不思議です。


*******************************
「今週 いちばん癒せる映画」!」 vol.36   発行74部
出典を明らかにしていただければ、無断転載は可能です。
2007.9.8 発行
発行人・石塚とも
お友達にも教えるには…
http://www.melma.com/backnumber_164500/
お便りフォーム
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381
バックナンバー・ブログ
http://rmovie.exblog.jp/
平和の書店でお買い物
http://ministryofpeace.jp/bookstore/bookstore-menue.html
石塚とも個人のブログ
http://isl.seesaa.net

1票、お待ちしてます♪
にほんブログ村 映画ブログへ

メルマガも登録してね→  こちら


お名前なしで感想が送れるウェブ拍手
b0055288_14492653.gif 
[PR]
by ropponguimovie | 2007-09-08 08:55 |

今週、いちばん癒せる映画! vol.31 『エヴァン・オールマイティ』


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今週、いちばん癒せる映画! vol.31 『エヴァン・オールマイティ』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


 メルマガご購読、ありがとうございます。
 このメルマガは、今週公開される映画の中から,
「この映画は癒される!」という視点に絞って1本を紹介するマガジンです。


 今週も、紹介できる映画を見ていないので、先週ちらりとお伝えした、先週、トム・シャドヤック監督の最新作で後悔注しになってしまった、『エヴァン・オールマイティー』をお伝えしようと思います。(秋ごろ、ユニヴァーサルからDVDは発売されます)


 トム・シャドヤック監督は、『ライアー・ライアー』や『ブルース・オールマイティ』など、神様が出てくる「スピ系コメディ」の第一人者なんですが…とにかくよくはずすんですよね。興行成績ににすごいムラがあります。


 今までの最高ヒット作が、『ブルース・オールマイティ』$242,589,580 これは、ボックスオフィス歴代の46位に入ります。今までアメリカで公開されたすべての映画の46位ですよ。これってすごい。上位を見てもらえばわかりますが、誰でも知っている映画がずらりと並びます。

 もう一作、『ライアー・ライアー』が99位に入っていて、$181,410,615。これも『ジュラシックパーク3』や『ミッションインポッシブル』『インディ・ジョーンズ魔宮の伝説』『プリティ・ウーマン』などに勝っている。
 (私はこの作品、日本で大感激してみたのに、ほんとーーーにお客さんが入ってなかった…)


歴代興行成績はこちら。
http://movies.yahoo.com/mv/boxoffice/alltime/ 


 一方で、今回日本でお蔵入りになってしまった、『エヴァン・オールマイティ』は $93,567,015、私も「わけわからん」と叫んでしまった超スピ系映画『コーリング』は $30,063,805だからなあ…


 でも、『エヴァン・オールマイティ』は本当に問題作。
 とくに、7月7日の東京平和映画祭で上映された『エンド・オブ・サバーピア』と比べると、もう怖いの怖くないのって。

『エンド・オブ・サバーピア』公式サイト
http://www.endofsuburbia.com/


『サバーピア』とは、「サバーブ(郊外)」と「ユートピア」の組み合わせで作られた造語ですね。かつてのアメリカ人が憧れた住宅のイメージでした。


 ところが、大規模開発の後には、実は、郊外に憧れた人が求めるものは、何も残らないんですね。森とか、鳥の鳴き声とか。郊外に必ずあるのは、「大車線の道路」だけです。
 

 そして、「オイルピーク」がやってくると、車がないと動けない郊外生活は機能が麻痺し、
うち捨てられてしまうのです。

「オイルピーク」という言葉をご存知でしょうか。今、インド、中国で石油の使用量が爆発的に増えています。従来「資源の枯渇問題」が心配されるのは、石油がなくなってしまう時のことでしたが、今は、石油の需要が供給を上回ってしまう日のことです。そしてそれは、2010年ごろといわれています(…って、あと3年なんですけど…)

参考文献
『地球温暖化/人類滅亡のシナリオは回避できるか」
 田中優 扶桑社新書


 さて、『エヴァン・オールマイティ』は、先週もお伝えしたように、『ノアの箱舟」 のパロディです。


 下院議員に当選し、住宅地開発を進める先輩議員の「派閥」にも順調にもぐりこむエヴァン。そんなところに、『ブルース・オールマイティ』にも登場したモーガン・フリーマンが演じる「神」が、材木をばんばん送りつけます。「箱舟を作れ」と。
 なんか、世界中の動物がつがいで集まってきちゃうし。
 しょうがなく、エヴァンは箱舟を作り始めるのですが…
(前半は箱舟作ってるだけでアクションが少ない、このあたりが興行的失敗の原因でしょう)


 さて、洪水が来る、と預言された日。
 みんな待ってる。「それ見たことか」顔で。雨は降らない。降らない。降らない。
 やっぱり洪水は来ないのか。
 ところが…来た! それも意外なところから!


 この洪水が来たという原因が、まさに、「エンド・オブ・サバーピア」の延長なのです。乱開発のつけ。しかもそこに議員がからんでる。本当にありがちな話ではありませんか。


 そんなわけで、この映画はコメディなんですけど「不都合な真実」をきっちり描いたわけで、劇場公開されないことは非常に残念でした。
 ビデオになったら、ぜひ見ていただきたいです。


*******************************
「今週 いちばん癒せる映画」!」 vol.31  発行56部
出典を明らかにしていただければ、無断転載は可能です。
2007.7.28 発行
発行人・石塚とも
お友達にも教えるには…
http://www.melma.com/backnumber_164500/
お便りフォーム
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=72381
バックナンバー・ブログ
http://rmovie.exblog.jp/
平和の書店でお買い物
http://ministryofpeace.jp/bookstore/bookstore-menue.html
石塚とも個人のブログ
http://isl.seesaa.net 

1票、お待ちしてます♪
にほんブログ村 映画ブログへ

メルマガも登録してね→  こちら


感想が送れるウェブ拍手
b0055288_14492653.gif
[PR]
by ropponguimovie | 2007-08-04 21:45 |