カテゴリ:お( 2 )

今週、いちばん癒せる映画!vol.3 『オーロラ』

今週、いちばん癒せる映画!vol.3 『オーロラ』
 このメルマガは、今週公開される映画の中から、
「この映画は癒される!」という視点に絞って1本を紹介するマガジンです。

12月16日公開のイチオシ! は『オーロラ』。

 バレエというのは西洋の「肉体の肯定」の結晶みたいなすばらしい芸術なのですが、なにしろ値段が高い。しかし、この映画では、オペラ座エトワールたちの華麗な舞踏を手軽に見ることができるのですから、これを逃す点はありません。

 タイトルは『オーロラ』ですが、『眠れる森の美女』とは関係なく、本作はニルス・タヴェルニエ監督のオリジナル・ストーリーです。
 で、オリジナル・ストーリーなのですが、監督が、古典バレエの名作のエッセンスを正確に踏襲して作っているため、「こういのがクラシック・バレエにあってもおかしくない」と思うほどの完成度の高いストーリーになっています。
 おとぎ話としての「コード」(←、と、取材のとき監督自身がおっしゃっていた)、ひいては、よくできたおとぎ話だからこそきちんと含むことができる暗喩にたっぷり満ちています。人間にとって自由とは何か? 境界線(国境)とは何か? 守るべき自分の領土とはどうやって作られるのか? そんなことを、考えてもいいし、考えなくてもいい。舞踏の技術に圧倒されるだけでも、悲恋物語にうっとりするだけでも、哲学的・政治的な問いを投げかけてもいい。楽しみ方が何層にも重なった、奥深い映画です。

 今回は短いですね(笑)。

 なお、このメルマガは、来週、再来週はお休みとなります。

12月23日公開の映画では『名犬ラッシー』『ダーウィンの悪夢』
12月30日公開の映画では『見えない雲』がおすすめです。

1票、お待ちしてます♪
にほんブログ村 映画ブログへ

メルマガも登録してね→  こちら


感想が送れるウェブ拍手
b0055288_14492653.gif
[PR]
by ropponguimovie | 2006-12-16 00:10 |

『オーロラ』

 ひさびさに試写で2回見てしまった名作。
 オペラ座のスターが総出演するバレエ映画であるが、隠しテーマは「国防」である。国の「王様は、国の外側を固めようとして(さすがに「美しい国」というキャッチフレーズはないが)、その結果、誰も住みたくない国を作ってしまった。王様は悪いというより愚かな人形で、影で糸をひいているやつがいるというのも、示唆にとんでいる。そういう国では、王様は、愛する妻を失い、娘を政略結婚させようとする。

 主人公オーロラの弟で、将来は国を継ぐと見られていた弟が、画家になるため国を捨てるシーンで、弟は父親にいう。「ここはあなたの国だ。私は私の国を探す」。国は個人のアイデンティティの発展形であり、個人のアイデンティティは自分が築き上げるものであって、世襲できないものである。かつて王様はそのことを知っていた成熟した男で、だから彼の妻(オーロラの母親)は踊ることを自主的に捨てた。しかし、国を継がせるために息子や娘の個人のアイデンティティを育てることを禁じた日から、国は崩れていく。

1票、お待ちしてます♪
にほんブログ村 映画ブログへ


ウェブ拍手
b0055288_14492653.gif
[PR]
by ropponguimovie | 2006-10-24 22:58 |