カテゴリ:見た映画一覧(簡易星取表付き)( 25 )

2006年11月第1週~第4週に見た映画

『ダーウィンの悪夢』 2006.12月(シネマライズ) ★★★★★
 別項参照。

『聞かれた女』 ★★★★
感想   蒼井そら初主演のAVじゃない映画(サスペンス?)。彼女の演技がいい、というか独特。ふつうの劇映画じゃない世界で育っているせいか、セリフ回しが、現代演劇と歌舞伎ぐらいちがうのだ。たとえば、語尾が変なところで上がったりするのだが、そちらの方が現実の日常会話に近い。
そして、90分以内、ビデオ撮影、低予算の中でもきっちり見せているエンターテインメント映画。『ティム・バートンのコープス・ブライド』についで面白い80分台の映画でした。
難点は、蒼井そらに比べて、男優の『華』がなさすぎること。彼らはAV男優さんなのかな? AVでは黒子に徹するのがが使命なのかもしれないが、普通の劇映画では彼らを見る楽しみ、というのも与えてほしかったです。


『ルワンダの涙』 2007年春) ★★★★★
『ホテル・ルワンダ』よりこっちの方がすごいと思います。別項参照。


『子宮の記憶』 ★★★
感想   藤田宣水原作。松雪泰子が『フラガール』に続いて熱演。その夫の寺島進(もちろんDV夫)が、いまさらですがぴったりすぎのうますぎ。

『パプリカ』 公開中 ★★★★

やっと見ました、今敏監督最新作。筒井康隆の原作(ひとりの女性の中にふたりの女性の人格が存在する)は、安野廣明監督版の『キューティハニー』みたい。狂っちゃった人の頭の中の描写がすばらしいです。余談ですが、主人公の名前が1980年に物故したジャーナリスト・千葉敦子と同姓同名。

『硫黄島からの手紙』 ★★★★★

感想  文句なしすぎ。その後、2.3日たっても各試写室がその話題で持ちきりであった、というぐらい、後々までエモーションをじわじわとひっぱる。 また、ジャニーズの中で演技系分野では目だっていなかった二ノ宮和也がとてもいい仕事をしている。


『ラッキーナンバー7』 ★★
ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィリス、ルーシー・リュー主演。これ、『12モンキース』みたいな映画なんだと思うけど、そこまで効果をあげていない気が…。


『インヴィジブル2』 2006年11月下旬) ★★
骨格のサスペンスを追うだけになってしまい、登場人物同士の感情の交流が何もないので、感情移入しずらかった。友情とかロマンスとかが前提にあって、透明人間になった人への痛みもわくのだと思う。

『ア・グッド・イヤー』 2007春 ★★★★
リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ主演の新作は、プロヴァンスを舞台にしたハート・ウォーミングストーリー。まさにワインのように「老成のうまみ」で作って見る人が落胆しないできばえ。相手役のマリオン・コティヤールが今までで一番きれいだった(ちょっとやせたかな?)とにかく脚きれい。


『スキャナー・ダークリー』 2007早春 ★★★★
 そうだよなー、リチャード・リンクレイター、一度はフィリップ・K・ディックの作品撮らなくっちゃねー。大好きなキアヌ・リーブスと大好きなウィノナ・ライダーのコンビも麻薬捜査官の話としてはぴったりだと思います。
「死者はゆめ生者のために存在してはならない。一方、死者はできるかぎり、生者を助けなければいけない」。麻薬常習者は死者でありながら生者である。そのどっちともつかなさのあいだで、登場人物も、現代人も揺れている。

1票、お待ちしてます♪
にほんブログ村 映画ブログへ


ウェブ拍手
b0055288_14492653.gif
[PR]
by ropponguimovie | 2006-11-25 20:20 | 見た映画一覧(簡易星取表付き)

2006年8月第3週に見た映画

★はおすすめ印
◆は誰にでも勧めるというのではないが、個人的には問題作だと思っている印
□は、すごく期待していたのに、裏切られた~(怒)という印

『明日へのチケット』


『夜のピクニック』
別項参照。8月16日 初秋 丸の内プラゼール他にて公開

『待合室』
別項参照。

『プラダを着た悪魔』★
別項参照。
11月18日公開


『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』★
別項参照。9月14日公開

1票、お待ちしてます♪
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by ropponguimovie | 2006-08-21 15:04 | 見た映画一覧(簡易星取表付き)

2006年6月第3週に見た映画

★はおすすめ印
◆は誰にでも勧めるというのではないが、個人的には問題作だと思っている印
□は、すごく期待していたのに、裏切られた~(怒)という印

『ストロベリーショートケイクス』

『トリノ発24時』

『カポーティ』

『マーダーボール』★
 なんだなんだなんだ? 『ミーンマシーン』の続編みたいなマッチョな映画なのか? と思ったら本当にそうだった…映画の説明の最後にちらっと、その競技が「車椅子」で行われるものだと説明されるのを除いて。
 「ウィルチェア・ラグビー」は通常のラグビーと同じようにタックルあり。車椅子ごと吹っ飛ばすものだから、競技者である彼らは、交通事故他で車椅子になったはずなのに、頚椎骨折(ボルトで止めてる!)など、競技をやり始めてからの怪我の方がすごいらしい。
 すんごい荒っぽくてセクシーな、ウィルチェア・ラグビー・USパラリンピックチームのロード・トゥ・アテネ。
 9月か10月公開

『狩人と犬、最後の旅』★
 一つ一つの映像を見るたびに、涙が出てくるよー! 本当に自然が美しいの。
 カナダィアン・ロッキーの只中に暮らす、マウンテン・マン、ノーマン・ウィンターの生活を追う。劇映画だが、本人は本名で登場し、ストーリーは彼の実生活に基づいている。
 8月12日、テアトルタイムズスクエア、銀座テアトルシネマにて公開
[PR]
by ropponguimovie | 2006-06-17 23:09 | 見た映画一覧(簡易星取表付き)

2006年5月全週~6月第一週に見た映画

★はおすすめ印
◆は誰にでも勧めるというのではないが、個人的には問題作だと思っている印
□は、すごく期待していたのに、裏切られた~(怒)という印

『トランスアメリカ』★◆
 トランスジェンダーがが99パーセント完了して、あとは手術を受けるだけになった女性(見た目は男性)が、「いつか父親に会うのが夢なんだ」という実の息子と出会ってしまう、ロードムービー。

『ダ・ヴィンチ・コード』
 別項参照

『王と鳥』◆
 1980年代のフランスアニメ。宮崎駿をこの道に進むことを決意させたとされる作品。

『ママン』◆
 ジョルジュ・バタイユ原作。性的な魔物であることを見せ始める母親をイザベル・ユペールが、母親に翻弄される美しい息子を『ドリーマーズ』のルイ・ガレルが大熱演。ハリウッドではセットやVEで見せる人間の心の葛藤のメタファーを、フランス映画って全部俳優の肉体で見せるんだなあ、と、感心してしまった。が、宣伝の方の「いかがですか?」という質問に「面白かった!」と間髪いれず答えたのが、私が始めてだったらしい。

『笑う大天使(ミカエル)』

『ミュージック・クバーナ』★
 7月1日公開。
 邦題は『ブエナビスタ・ソシアル・クラブ、東京に行く』の方がよかったと思う。そういう映画。

『胡同のひまわり』★
 中国の実在の画家とその父親の親子鷹人生をじっくり描く(ちょっと長い)。最後は「父の詫び状」。

『ミッション・インポッシブル3』
 7月公開。
 なんか、あの音楽さえ聴ければ中身はどうでもいい気がした。
 とはいえ、仕事はきっちりされている。トム・クルーズのきっちりぶりには感動すらする。『007』は本当はこうなりたいんだろうけど、もうなれないねえ。

『太陽』★◆
 イッセイ尾形、昭和天皇を大熱演。昭和天皇が生物学者であったのは、彼が、人間的に一般人となんら変わりがないことを証明するためだとすると、ちょっとむなしい。最後に「私は自分が神であるという運命を拒否することに成功した!」と叫ぶラストも悲しい。


にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by ropponguimovie | 2006-06-04 01:00 | 見た映画一覧(簡易星取表付き)

2006年2月4~5週に見た映画

★はおすすめ印
◆は誰にでも勧めるというのではないが、個人的には問題作だと思っている印
□は、すごく期待していたのに、裏切られた~(怒)という印


『ぼくを葬(おく)る』
フランソワ・オゾン最新作。
以前のような「あっ」と驚かせるストーリー展開はなく、
むしろ、定石どおりの展開の中で各シーンを細やかに描く。
っていうか、みんな、彼のこういう部分(美しくゲイを描く)を期待していた気が…。
うつくしーわよー。

『イーオン・フラッグス』□
ハリウッドの、コミックの女性ヒロインのキャラクター造詣の浅さは相変わらず。
ほんとになんとかしてほしい。

『レント』★
ブロードウェイ・ミュージカルのキャストをほとんどスクリーンに招いてのつくり。
めちゃめちゃ歌がうまい。だって、氷川きよしの歌きいてるときみたいに
胸がすっとするんですもの。サントラがお気に入りで、よく聞いてます。

『嫌われ松子の一生』★◆
別項参照
5月13日公開


『プラハ!』★

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by ropponguimovie | 2006-03-10 11:43 | 見た映画一覧(簡易星取表付き)

2006年1月 第3週に見た映画

 (注)ここのところ急激に精神的な変化があったせいか、何を見てもほとんど作品に集中できない週でした。
 よって、今回は評価のしるしはつけていません。

『ナルニア国物語 ライオンと魔女』

『変態村』

『リバティーン』

『ダンサーの純情』
[PR]
by ropponguimovie | 2006-01-28 15:28 | 見た映画一覧(簡易星取表付き)

12月第2週、3週に見た映画

★はおすすめ印
◆は誰にでも勧めるというのではないが、個人的には問題作だと思っている印
□は、すごく期待していたのに、裏切られた~(怒)という印

『スティービー』★◆
 2003年山形ドキュメンタリ映画祭で最優秀賞受賞。
 『フープ・ドリームス』のスティーブ・ジェイムズ監督が、かつて「ビッグ・ブラザー」をつとめた男性との、苦い交流を描くドキュメンタリー。
 2006.2.18~3.17 ポレポレ東中野にて期間限定公開

『マイ・アーキテクト』★◆
 20世紀建築の巨匠、ルイス・カーンの生涯を、息子・ナサニエル・カーンがおったドキュメンタリー。ナサニエルは、ルイスの2番目の愛人(3つめの家庭)の息子だった。
 2006.1.28~ 渋谷Q-AX オープニング・レイトショー

『スキー・ジャンプ・ペア トリノへの道』◆
 「デジハリ」の出世頭? 真島真一郎原案のDVDが映画化。
 試写室で他の人が冷める中、ひとりで笑い転げる…が、デジハリの作品って、いわゆる「正攻法」がほとんどないねー。世界と対峙するのは無駄とか、かっこ悪いと思ってるのかな?

『スタンドアップ』★◆
 『クジラの島の少女』のニキ・カーロ監督最新作。主演は『モンスター』に続きまたまた大熱演のシャーリーズ・セロン。
 1989年、ミネソタ州の炭鉱を舞台にした、集団セクハラ訴訟を主題にしたドラマ。『クジラ~』もそうだが、この時代に、こういうテーマを掘り当て、しかも、誰をも泣かす人間のドラマとして構築してしまうカーロ監督の演出能力に感服させられる。
 さんざん、女性達を貶めていた男達が、(よくもまあ、女が放水ホース握っただけで「握るのがうまい」とか考えつくよね~)、「彼女たちに共感しないことは、自分達もまた雇用主にいつそうされるかわからないということ」という視点に切り替わるパラダイム・シフトの瞬間の描写が見事。
2006.1.14 公開

『キング・コング』★
 別項参照

『美しき運命の傷痕』★◆
 『キング・コング』見た翌日にすごいもの見ちゃった~。『キング・コング』の100分の1ぐらいの予算で同じぐらいの映像パフォーマンスとドラマを見せちゃう。ヨーロッパ映画のポテンシャルに圧倒された。
 『トリコロール三部作』クシュトフ・キェシロフスキが撮らずに終わった遺作。ダンテの『神曲』をベースにした三部作のうち、『天国』は、トム・ディクティバがすでに製作しているが(『ヘブン』)、その二作目。原題は『L'enfer』つまり地獄。そして、監督は『ノーマンズ・ランド』のダニス・タノヴィッチ。彼の2作目です。
 「王女メディア」が背後にすける物語構成、三姉妹とメディア的母親役の4人の女優の素晴らしさ、計算された映像美、そここににじむユーモアとアイロニー。どんでん返しのラスト。重厚かつ繊細。本当に見ごたえある1本でした。

 実は、三姉妹の長女役のエマニュエル・ベアールを見たくていったのだが、エマニュエル・ベアール一人で、特撮で作り上げられたキング・コングと同じぐらいのパフォーマンスを見せてしまう。この世のものとは思えない(本当に特撮を上回る!)肉体、その肉体をただの「脱ぎたがり」にしておかない(そのへんが申し訳ないけどモニカ・ベルッチとは違う)、情熱的かつ複雑な感情を表現した演技。おそるべし、エマニュエル・ベアール。「男好きのする女」なのに、ビザなし滞在外国人を支援して逮捕されてしまうところもなんかも好きだ。フェロモンと人権運動は共存しえるのだ!

2006年春 Bunkamuraル・シネマ、銀座テアトルシネマにて公開

『闇打つ心臓』◆
 1982年に長崎俊一監督によって製作された8ミリ映画の幻の傑作、『闇打つ心臓』。このフィルムを下敷きに、当時のスタッフ、キャストが集合し、そのリメイクを撮っていく、けれどもそれはドキュメンタリーではなくドラマ、という、実験的構成。
 当時、自主映画の女王といわれた室井滋の迫力を堪能できる。エッセイなんかでは笑わすように書いてあるけど、(一度取材でお会いしたことあるけど、本当にいい人だった!)、彼女の「無頼派」としての本領が発揮されている。それに比べると、リメイクを演じる若いふたりは、美男美女だけど、「まだまだ~」という感じがしてしまう。上にエマニュエル・ベアールのこと書いたけど、女優の魅力って、ホント、わからない。
2006年 渋谷シネ・アミューズにてレイト・ショー

「参考になった!」
[PR]
by ropponguimovie | 2005-12-18 22:49 | 見た映画一覧(簡易星取表付き)

2005年10月3,4週に見た映画

★はおすすめ印
◆は誰にでも勧めるというのではないが、個人的には問題作だと思っている印
□は、すごく期待していたのに、裏切られた~(怒)という印
※は、後ほど独立して再度投稿しますので、TBはそちらにしてください、の印

『NOEL ノエル』★◆※
スーザン・サランドン、ペネロペ・クルス、ポール・ウォーカー主演の
年末恒例、というか、クリスマスもの。
12月10日、東劇他にて公開

『綴り字のシーズン』◆
リチャード・ギア、ジュリエット・ビノシュ主演、壊れていく家族もの。
脚本が、マギーとジェイクの母、ナオミ・フォナー・ギレンホール。
25年前に『普通の人々』で描かれたような、静かに壊れていく家族の世界。
そういう意味では新しさは感じないのだが、家族のつながりをある意味では
日本よりずっと大事にするアメリカ人にとって、こうした崩壊劇は、
ずっと真摯な恐さをもって受け止められるものかもしれない。

『SAW ソウ 2』★◆
「おい大丈夫か?」と思ったがとてもよくできている。前回の密室劇に対し、
今回は動きのある映画になっていて、違う作品として楽しめる。
長文投稿独立させました。TBはこちらにどうぞ。
10月29日より六本木バージン・シネマ他にて公開。

『愛より強い旅』★◆
自らのルーツであるジプシー文化を題材に映画を撮り続けるトニー・ガトリフ監督最新作。
主演は最近大人気のロマン・デュリス。
最後のナイジェリアでのトランス・シーンが圧巻。
2006年新春、渋谷シネ・アミューズ他にて公開

『プライドと偏見』★◆
キーラ・ナイトレイ主演。
原作は、19世紀の大問題作。
ブルネットにしたキーラが15年前のウィノナ・ライダーそっくりでびっくり…
そう、この「鼻っ柱の強さ」がこの映画の問題作のゆえんなのだ!
投稿独立させました。こちら。TBもこちらにどうぞ。
正月第2弾公開

『エリザベス・タウン』
オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト主演、なのだが、
脇役の(母役)スーザン・サランドンがくってる気が…
主人公の映画というより、家族の映画としてみたかった。
11月公開

『風と共に去りぬ デジタルリマスターバージョン』★◆※
投稿独立させたのでこちらを見てください。
12月29日より、テアトル銀座にて公開

『力道山』★◆
東京国際映画祭クロージング・作品。
うーん、圧倒されちゃった。泣いちゃった。
とにかく力量のある映画。
いい題材にいい演出。
2006年3月公開
[PR]
by ropponguimovie | 2005-10-30 11:29 | 見た映画一覧(簡易星取表付き)

2005年9月第5週に見た映画

★はオススメ印
◆は誰にでも勧めるというのではないが、個人的には問題作だと思っている印
□は、すごく期待していたのに、裏切られた~(怒)という印

『ロード・オブ・ドッグタウン』★◆
  『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』のキャサリン・ハードウィック監督が、「みじめなダメダメな女」映画だけではないことを証明した。(…投稿独立させました。TBもこちらにしてください。) 
2006お正月、シネマライズにて公開。


『ブレイキング・ニュース』
 ケリー・チャン主演。ちょっと思考停止です。ごめんなさい。
 12月3日より シアターN渋谷(旧ユーロスペース)、新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋

『奇妙なサーカス』
 伝説の詩人、園子温がナルシシズムだけで作ったような作品世界。あぶないあぶない。
 10年ぶりに復帰する宮崎ますみのはじけっぷりがただものではない。杉本彩が見たらくやしがるだろう。
 2005年12月 新宿トーアにて公開

『TAKESHI’S』◆
 ゴダールかカフカかたけしか、って感じになってきた・・・が、カフカと今回のたけしはよく似ているかも知れない。・・・続きは投稿独立させたのでこちらを見てね。TBもそちらにお願いします。
 11月松竹系全国ロードショー


『幸せなら手を叩こう』□
 田波涼子(日本のカリスマモデル)、岩堀せり(左に同じ)、岡元夕紀子主演の恋愛映画。、「そのファッションセンスにも注目」だそうだが、3人がずーーーーーっとキャミソールを着ているという印象しかない。衣装というのはキャラクターだけでなく、心理描写のための小道具なのだが。「30代の女性に徹底リサーチ」して作った映画だそうだが、リサーチをそのまま描きすぎていて、登場人物がバカに見える。リサーチ相手が言語化しない部分を監督がおぎなってこその劇映画でしょうが。
11月19日より渋谷シネクイントにてレイトショー
 
『イノセント・ボイス 12歳の戦場』★◆
 『亀も空を飛ぶ』も越えるかもしれない、エルサルバドルでの少年兵(12歳になると政府軍に徴収される)を描いた映画。14歳のときにアメリカに脱出、UCLAを経て映画界に入ったオスカー・トレスが自らの体験をもとに脚本化。とんでもない話が次から次へと出てくるが、書いてしまうにはもったいない。ぜひ劇場にて。
 主演の11歳、カルロス・バデジャをはじめとする子役と音楽がすばらしい。
2006年お正月第2弾公開

『イン・ハー・シューズ』★◆
 トニ・コレット(姉)とキャメロン・ディアス(妹)のシスター・フッドの物語に、シャーリー・マクレーンのおばあちゃんというスパイスつき。キャメロン・ディアスがその風貌を生かして「イケイケ、ないスバディだけど読書障害」といううまい役どころを演じる。
 『L.A.コンフィデンシャル』『8mile』の監督、カーティス・ハンソン、製作にリドリー・スコット、『エリン・ブロコビッチ』の脚本、スザンナ・グラント、そして『キューティ・ブロンド』『シャル・ウィ・ダンス? (米国版)』の衣装デザイナー、ソフィー・デラコフと、いい仕事をするスタッフが揃って、彼らの得意な「泣き」を存分に見せている。

 11月12日、有楽座にて公開

(追記…「自己評価の低い女は才色兼備でいたがる」と書いたことがあるが、この物語は「才な戦略をとる女」と「色な戦略をとる女」の葛藤の物語である。でもこの映画は、両方を埋めようとすることでなけなしの自己評価を上げようとする女ではなく、両方を得て輝こうとするふたりの女を描いている。私は、妹がフロリダに来て成功する新しいビジネスが好きです。)

『ザ・コーポレーション]』★◆
 映画というより講義みたい。カナダの環境活動家が、現代の支配するもの・・・「企業」とは何かを徹底的にリサーチするドキュメンタリー。現代のアメリカが陥っている「軍産共同」の背景も、その日本への影響も、よく見えてくる。これ見るのと見ないのとでは、明日の生き方が違ってくる一本。
 長文再投稿しました。こちら。トラックバックもそちらにしてください。
 12月、UPLINK FACTORYにて公開。
[PR]
by ropponguimovie | 2005-10-01 00:24 | 見た映画一覧(簡易星取表付き)

2005年9月第4週に見た映画

★はオススメ印
◆は誰にでも勧めるというのではないが、個人的には問題作だと思っている印
□は、すごく期待していたのに、裏切られた~(怒)という印

『MASAI』◆
 構想12年、撮影時間2000時間をかけて本当にケニア・マサイ族の人たちの演技を撮った、若者のロード・ムービー。
 彼らは本当に美しいのだが、西洋風の演技(フランス映画だが、筋書き的には結構ハリウッド的)をしてしまったことが、いいことか悪いことかちょっと答えが出ない。それより、もっと彼らの肉体のポテンシャルとかを見たかった気がするけど…(走るシーンはとにかくきれいなのだ!)
 06年正月公開


『ある子供』★◆
 『息子のまなざし』のダルデンヌ兄弟の新作。今回は、就職難のためニートであることをやむをえず、子供ができるが父性なんか全然育たず、犯罪にどんどん落ちていく
 なぜ仕事するのか? 仕事から得る有力感のほうが、社会的責任より先なんだ、ということをきちんと描いた秀作。ラストも良い。
 お正月 恵比寿ガーデンシネマにて公開

『もっこす元気な愛』★◆
 『妻はフィリピーナ』『ファーザーレス』の寺田靖範監督新作のドキュメンタリー。熊本で脳性マヒを抱える青年が、恋人と、その母親に結婚の説得をする姿を軸に話が進む。主人公倉田さんの人柄に魅了される。しかし、今更ながら、障害者を取り巻く環境は厳しい…
 12月17日 ポレポレ東中野ほか、全国順次公開
[PR]
by ropponguimovie | 2005-09-23 10:42 | 見た映画一覧(簡易星取表付き)